長財布で金持ちに?財布価格の200倍=年収の法則の真相

二つ折り財布よりも長財布を使用した方が金持ちになれると、巷では言われております。使用している財布価格の200倍がその人の年収とも言われております。果たして、それは本当なのでしょうか?財布価格の200倍=年収の真相に迫ります。

金持ちは長財布を使う?

金持ちは長財布を使う」という情報がテレビ・ネット上・本などで言われております。

実際に、会社の社長等の高所得者の人たちは長財布を使用している人が多いそうです(諸説あります)。

金持ちはお金を大切に扱うという傾向があり、長財布ですと、お札を折らずにしまう事ができお金を大切に扱う事ができます。

また、ズボンの尻ポケットに長財布を入れると、長財布の上半分が出てしまい盗まれやすくなってしまいますね?

なので、長財布を使用する人はバッグに財布を入れて持ち運ぶようです。

これも、お金を大事にしている行動の1つかと思います。あなたの財布はどんな財布ですか?

スポンサーリンク

財布価格の200倍=年収?

とある税理士の方が「財布価格の200倍=年収」という内容が書かれた本を出版しておりました。

それが元になりネット上でも話題になっております。

「財布価格の200倍=年収」という事は、例えば、年収1千万円の人は5万円の財布を使用している事になります。

そして、その本にはこの法則に当てはまらない人は、徐々にこの法則に当てはまっていくのだそうです。

どういう事かというと、年収1千万円の人が3万円の財布を使っていたら、3万円の200倍=600万円となり、いずれ600万円の年収に落ちてしまう可能性があるという事です。

逆に、年収500万円の人が5万円の財布を使っていたら、5万円の200倍=1千万円という事で年収1千万円に上がる可能性があるという事です。

これが本当だったら、ちょっと怖い気がしますよね?

これをそのまま信じて超高級な財布を購入したら本当に年収が増えるかどうかも疑問が残ります。

長財布

個人的な結論

「財布価格の200倍=年収」というちょっと興味深いこの法則。

これを提唱した、とある税理士の方は、職業柄、業種や売上高などからその人の年収をある程度予測する事が出来るそうです。

そして、色々な人の年収と財布の値段からこの法則が産まれたそうです。

ですので、概ねこの法則は正しいと思いますが、年収1千万円になりたいからといって5万円の財布を使えば簡単に年収が1千万円になる程世の中は甘くないと思います。

高価な財布を使用する事により確実にお金に対する意識が変わり、仕事を頑張ってみたり、新しいアイデアが産まれたり、お金の使い方が上手くなったりして、最終的には希望の年収を達成しやすくなるのかも知れません。

スポンサーリンク

まとめ

金持ちは長財布を使用する傾向が強く、とある税理士の方の話によると「財布価格の200倍=年収」だと言われています。

私の個人的な意見としては、高価な財布を使用しているだけでは年収は上がらないが、それによってお金に対する意識が変わり年収を増やす行動を起こせば希望の年収を達成できる可能性が上がると思います。

年収を今よりも上げたりと思っている方は、まずは財布から見直してみてはいかがでしょう?

以上、「長財布で金持ちに?財布価格の200倍=年収の法則の真相」でした。

WRITTER :もやこう

スポンサーリンク

コメントを残す