グアムとサイパンの比較!料金や雰囲気の違いを旅行の感想と共に解説

海外旅行がしたいな~。出来れば南国の暖かい島に行きたい・・・。しかも、フライト時間が短くてすぐに南の島のレジャーを満喫できたらいいな。

と考えていると、グアムとサイパンが思い浮かんできました。この2つの国にはどんな違いがあるのだろう?と疑問が発生。

以前、友人からグアムは都会でサイパンは田舎だという情報をゲットしていましたが、その他にはどんな違いがあるのでしょうか!?

気になったのでグアムとサイパンを比較して違いについて調べてみましたよ。それと、私が実際に旅行で経験したグアムとサイパンの印象についてもお話していきますね!

なお、サイパンは3年前に行ったばかりなので写真がありました。しかし、グアムに行ったのは学生時代ですので当時は使い捨てカメラ「写ルンです」を使用していたので写真データがありませんでした((+_+))

スポンサーリンク

グアムとサイパンの比較!料金や雰囲気の違いは?

似て非なる2つの島について大まかな違いをチェックしていきましょう。

  • 旅行の料金
  • 雰囲気
  • 面積
  • 人口
  • 場所

ポイントを並べるとこんな感じになりました。それではそれぞれの島について詳しくみていきましょう。

グアムはこんなところ

グアム旅行の料金

楽しい旅行ですがやっぱり気になってしまうのは料金!グアムの旅行代金の相場について紹介していきますね。旅行期間は4日間の場合、1人当たり

  • 平日→8~10万円
  • GW等→14~25万円

というのが相場になっています。この旅行代金はフライト代とホテル代で食事代やレジャー代などは入っていません。もちろん、エコノミークラスが前提です(笑)

やはり、平日と長期連休とで約2倍の差が出てしまうんですね。

社会人の場合、平日に海外旅行に行くのはなかなかハードルが高いと思いますが、これだけの料金差があるのならば、平日旅行に是非チャレンジしてみたいところですね。

ポイント
次の「雰囲気」でも紹介しますが、グアムはサイパンよりも都会的です。ですので、飲食店の料金もやや高めですし、ブランドショップも豊富です。なので、滞在中に遣う料金はサイパンよりも高くなってしまう可能性がありますね。

グアムの雰囲気

グアムの雰囲気は一言でいうと都会的!ですね。グアム旅行に行く前は、南の島という事で殆ど大自然!という想像でした。

しかし、実際に行ってみるとその想像は一転しましたよ。ショッピングモール「ザ・プラザ」など、かなりオシャレなショッピングモールもあり、洗練された雰囲気が印象的でした。

走行している車もアメリカらしく大きな車が多かったですね。田舎よりも都会が好き!という方にはピッタリかと思います。

ただし、大都会の東京ほど都会という訳ではありませんので、ご注意くださいね。あくまでも大自然ばかりを想像していた割りには都会的♪というだけですので(笑)

もちろん、ビーチは想像以上にキレイでしたよ。

グアムの面積

グアムの面積は、

  • 約549km²

となります。数字で言われてもちょっと分かりにくいですよね?

日本の淡路島の面積が約593 km²なのでこちらとほぼ同等の大きさになります。

ちなみに、東京都の面積は2188 km²ですので、グアムは東京の約4分の1の大きさであるといえます。

スポンサーリンク

グアムの人口

人口は、

  • 約16万人

となります。そして、グアムに住んでいる日本人は約4300人いるそうです。

計算してみると約2.7パーセントの人が日本人である事が分かりますね。日本人観光客も多いですので、海外旅行にあまり慣れていない方でも安心ですよ。

グアムの場所

場所を言葉で表すのはなかなか難しいですが、ざっくりいうと日本とオーストラリアの中間くらいに位置しています。

正確にはやっぱり地図を見るのが一番分かりやすいですね。


 

サイパンはこんなところ

サイパン旅行の料金

サイパンの旅行料金の相場として、旅行期間4日間の場合は、

  • 平日→8~10万円
  • GW等→14~25万円

が相場になります。むむむ・・・よく見るとグアムと殆ど同じ料金なんですね。

こちらもやはり長期連休ですと平日の約2倍の料金になってしまいます。

ポイント
次の「雰囲気」でも紹介しますが、サイパンはグアムよりも田舎な感じです。なので、地元の飲食店を利用する機会にも多く恵まれます。また、ブランドショップも1つしかないので、ブランド品にお金を使う頻度も限りなく少なくなると思います。

サイパンの雰囲気

サイパンの雰囲気は一言でいうと「大自然!」という感じです。こちらは旅行に行く前のイメージ通り大自然がとても印象的でした。

一方、街中ではちょっとさびれたゴーストタウンのような場所もありました・・・。

サイパンはグアムよりも海がきれいでマニャガハ島やグロットなど、マリンアクティビティが楽しめます。ダイビングにはもってこいですね。

私はグロットというダイビングスポットで潜ったのですが、これは想像以上の美しさでしたよ!

また、サイパンは山の中に住む危険な蛇を外国から持ち込ませないように徹底した管理がされているので、山の中の散策も楽しめます。

山の中で、マウンテンバイクやバギーにも乗りましたが、非日常を味わう事ができて大はしゃぎでした(^-^;

また、戦争の爪痕も多数残っているので、歴史の勉強にもなりますよ。

サイパンの面積

面積は、

  • 約120 km²

となります。

という事は、グアムの約4分の1の大きさという事になりますね。

私がサイパンに行ったときは、島全体を一周するのにほとんど時間がかかりませんでした。

しかし、グアムは一周するのに約3時間がかかりました。グアムは面積が大きいためサイパンと比較すると、一周するのにも時間がかかるのですね。

サイパンの人口

人口は、

  • 5万8千人

となります。グアムと比較すると半分以下ということになりますね。人数的にはグアムと比較すると少ないですが、人口密度で考えるとグアムよりも高い事になります。

サイパンの場所

場所についてはグアムから北東の方向に200kmくらい行ったところにあります。うーん、この説明だとイマイチピンと来ないかと思いますのでやっぱりマップをご覧ください。

目的別のおすすめはどっち?

料金で選ぶなら

旅行の基本料金は概ね同じくらいになります。ただし、グアムの方が都会ですので滞在中にかかる費用はサイパンよりも高くなる事が予想されます。

また、先ほどもちょこっとお話した通り、グアムの方がブランドショップが豊富にそろっています。

なので、こちらでもお金を使ってしまう可能性がありますね。たくさんのお金がかかるのはグアムという事になります。

というわけで、安さを追求するならサイパンに軍配が上がります。

大自然を満喫したいなら

大自然を満喫したいならば、サイパンをおすすめします。

マリンアクティビティもグアムよりも充実していますし有名です。サイパンは、キケンな蛇が存在しないというのもポイントが高いですね。

ちなみに、グアムの場合は「ミナミオオガシラ」という本来グアムにはいなかった外来種の蛇がいます。

ショッピングやリゾートを満喫したいなら

ショッピングやリゾートを満喫するなら、グアムをおすすめします。理由はやっぱりショッピング施設が豊富ですし、都会的な雰囲気があるからですね。

サイパン場合、ショッピング施設は、たった1つのDFSとスーパーくらいしかありません。

子連れでいくなら

子連れでいくなら私個人としてはサイパンがおすすめです。

なぜなら、グアムはショッピングや観光がメインとなり、サイパンはアクティビティ系のレジャーがメインになるからです。

ショッピングや観光は何才になってもずっとできますが、アクティビティ系のレジャーは子供や若いうちでないと少しづつ難しくなってきますからね。

サイパンで起こった戦争の歴史についても勉強できるのも魅力の1つかと思います。もちろん、戦争の歴史についてはグアムでも学ぶ事ができますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ポイントをまとめますとこのようになります。

グアムは都会的な魅力があり、サイパンは自然豊かな印象が強いです。どちらもビーチはとてもキレイで南国の雰囲気はバッチリ。

目的別に選ぶなら・・・

  • 料金で選ぶなら→サイパン
  • 大自然を満喫したいなら→サイパン
  • ショッピングやリゾートを満喫したいなら→グアム
  • 子連れで行くなら→サイパン

となります。サイパンが多くなってしまいましたが、グアムも本当に魅力あふれる南国です。最後はやっぱり好みで決めてしまっても良いと思いますね!

それでは、楽しい旅行になる事を願っております!!

以上、「グアムとサイパンの比較!料金や雰囲気の違いを旅行の感想と共に解説」でした。

WRITTER :もやみ

スポンサーリンク

コメントを残す