鴻巣の次念序!おすすめのつけ麺を食べたら驚愕の旨さだった

埼玉県鴻巣市にある有名なつけ麺屋、「次念序(じねんじょ)」に行ってきましたよ♪このつけ麺屋は、数年前に始めて知ったお店なんですが当時はいつも行列ができている店だったんです。

現在は行列を避けるためでしょう、お店側の配慮により待合室が設置され、夏の暑い日でも快適に待ち時間を過ごせるようになっています♪

より入りやすくなった次念序で、おすすめメニューの「つけ麺」を食べてきましたよ。

というわけで、つけ麺のレビュー、そして、メニューや営業時間・駐車場情報などを紹介していきますね!

なお、写真が掲載されていますがお店の方にブログ掲載の許可をお願いしたところ、快く承諾して下さいました(^^♪

スポンサーリンク

おすすめメニューのつけ麺レビュー

早速、次念序おすすめメニューである「つけ麺」のレビューをしてきましょう!

見た目の印象は、「麺の量が多ッ!」でした。

↓ボリュームたっぷり!おすすめの「つけ麺」

注文したのは並でしたが、ここの麺はかなり太くなかなか食べごたえのあるボリュームでした。メニュー表を見てみると「つけ麺」の麺量は、

  • 並⇒300g
  • 大⇒450g
  • 特⇒600g

 

となっており「並」でもかなり食べごたえがあります。

ちなみに、一般的なつけ麺屋の麺量は、

  • 並⇒200g
  • 中⇒300g
  • 大⇒400g

 

となっています。並や中など、ランクの名称にやや違いがありますが、次念序の麺量は全般的にボリュームたっぷりと言えますね。

具材は、チャーシュー・ナルト・海苔・メンマなどが入っており、つけだれはドロリと濃厚なカツオ風味のスープ

太麺にドロリと濃厚なスープがじんわりと絡みつき、食べた瞬間「旨い!旨すぎる!」と言いたくなるほどの味でしたよ。いや~これは驚愕の旨さと言っても過言ではありませんね。

今回は、妻と赤ん坊の家族3人で行きましたが、妻も「これまで食べたつけ麺の中でも1番おいしい!」と言っていました。

 

残念ながら赤ん坊はまだ離乳食の時期なので大人しく座っているだけでした・・・(*_*)もう少し大きくなったら一緒に食べよう!

ちなみに、事前に赤ん坊がいても大丈夫か確認して、「テーブル席があるのでOKです」と許可をもらってから行きました♪

↓自然と麺に絡みつくつけだれ

 

↓完食しました。

チャーシューも旨い

つけだれの中にはチャーシューが数枚入っていました。このチャーシューも丁度いい厚みで、やわらかくて旨かったですよ。

基本は麺をガンガン食べるのですが、合間に食べるチャーシューがまた良いんです。味は濃くもなく薄くもなくまさに絶妙な味付けで、つけだれとの相性も抜群でした。

 

保温性の高い器にびっくり

器の保温性にも注目してみましょう。最初に出てきた時のつけだれの温度はかなり熱く、店員さんが「かなり熱いのでお気を付けください」と言っていたくらいです。

確かにつけ麺は熱い方がおいしいですよね~。一般的なつけ麺は、食べているうちに徐々にぬるくなってしまうのが難点。

しかしながら、次念序の器は、保温性が高いようで、食べている最中はあまりぬるくなっていない印象でした。

ですので、最後まで温かいつけ麺を味わう事ができましたよ(^^♪なお、麺量が「特(600g)」の場合はつけだれのお代わりができるそうです。

紙エプロンもあるみたい

つけ麺を食べる時にちょっと気になってしまうのが、「洋服の汚れ」。

普通に食べていても気が付いたら洋服にシミが・・・!となっても不思議ではありません。次念序では、なんと無料の「紙エプロン」を配布しているようでした。

↓紙エプロンの案内

今回は残念ながら敢えて汚れてもいいちょっとランクの落ちる服装で行ったので、紙エプロンはもらいませんでした。

急きょ、次念序に立ち寄った場合でも紙エプロンがあれば洋服が汚れる心配はなさそうですね。細かいところまでお客さんの事を考えているんだなぁと感じました。

さすが、人気店は違いますね~。

スポンサーリンク

と、ここまで次念序のおすすめメニューである「つけ麺」のレビューをしてきましたが、他のメニュー情報や駐車場・待合室の情報なども合わせてチェックしておきましょう。

来店される際の参考になると思います!

他のメニューはどんな感じ?

↓メニュー表の写真を撮ってきましたよ。

つけ麺がメインなので、やっぱりつけ麺のバリエーションが豊富です。つけ麺以外のメニューでは「中華そば」がありましたよ。最も高価なメニューは、「特製つけ麺」。

↓券売機はこんな感じ

券売機の写真を見る限り、「全部のせ」のような存在でしょうか。是非、食べてみたい!!

駐車場は何台停められる?

駐車場は全部で11台。お店の前に専用駐車場が8台分あり、近所の公園の近くに第2駐車場が3台分ありました。

↓専用駐車場(8台分)は、前向き駐車で停めるようになっています。

↓第2駐車場(3台分)は近所の公園の近く

3~5番が次念序の駐車場になっています。

待合室の様子は?

冒頭でも触れましたが、数年前までは外に行列ができるお店だったんです。現在は、行列対策として、室内で待てる環境が確保されています。

待合室の中はクーラーが適度に効いていて、冷たいお茶やウチワまで用意してありました。

↓冷たいお茶

こういったポイントもお客さんのことを考えていますよね。

入口を入ったらすぐに券売機で食券を購入するのですが、待合室で待っている間に店員さんが食券を取りにきます。こうする事で、滞りなくお店が回るというわけですね。

「少しでも待ち時間を短縮しよう」というお店側の配慮が感じられました!

営業時間はどうなの?

↓営業時間はこのようになっています。

土日と祝日は、11時~21時までぶっ続けで営業しているようです。しかも、定休日がないみたい。お客さんとしては嬉しいですが従業員はちょっと大変そうですね( ゚Д゚)

きっと、上手にシフトを組んでお店を回しているのかと思います。

所在地はどこ?

次念序の所在地はこちら。

店名:次念序(じねんじょ)

住所:埼玉県鴻巣市滝馬室214-1

お問い合わせ:048-543-8858

交通手段:JR高碕線 鴻巣駅から484m

定休日:無し(2013年11月より無休)


埼玉県の鴻巣駅から徒歩10分くらいのところにあります。車で行く場合は特に問題ありませんが、鴻巣駅から歩く場合は道順にポイントがあります。

それは、「オーバーパスの下をくぐって行く事」。ここを通らないと、「鴻中陸橋(西)」の横断歩道を渡る事になるので、かなり大回りをする羽目になってしまいますよ~。

さいごに

埼玉で有名なつけ麺屋「次念序」がどんなお店だかお分かりいただけましたでしょうか?

つけ麺屋というと、男性客ばかりのイメージが強いと思いますが、次念序の客層を見ると男性同士・恋人同士・ファミリーと色々なお客さんがいましたよ。

なので、とても入りやすい印象を受けました。やはり有名なお店だけあって抜群に旨いつけ麺でしたね。

恐らく、記事の内容だけでは旨さは伝わらないと思いますので、是非、実際に足を運んでみてはいかがでしょうか?

この記事が役に立ったと思いましたらコメントなど残してもらえると嬉しいです♪最後までお読みいただきありがとうございました。

以上、「鴻巣の次念序!おすすめのつけ麺を食べたら驚愕の旨さだった」でした。

WRITTER :もやこう

スポンサーリンク

コメントを残す