潜在意識で恋愛!相手の居ない人が実践すべき3つの方法

潜在意識が現実になる」と聞いて嘘だと思う方もいれば、すでにこの事を知っていて理想の人生を歩んでいる方も多いと思います。タイトルにある通り、相手の居ない人でも潜在意識をコントロールする事で理想の相手と出会い、恋愛を叶える事さえできる様になります。

潜在意識って何だろう?

人間は、コントロール可能な顕在意識とコントロールする事が難しい潜在意識をもっています。顕在意識というのは、単純に自分で判断したり決断するときに使用する意識の事をいいます。

一方、潜在意識というのは、「無意識」とか「宇宙の力」等と言いかえることができ、無限の可能性を秘めた能力と言っても過言ではありません。

しかしながら、人間は基本的には顕在意識しかコントロールできず、意識の中で顕在意識が占める割合は3%程度と言われております。

だからこそ、無限の可能性を秘めた潜在意識をコントロールできれば、とんでもない力を発揮することができるのです。もちろん、恋愛においても例外ではありません。

なので、現在、恋愛相手の居ない人でもチャンスはいくらでもありますので心配しないようにしましょう!

スポンサーリンク

恋愛相手の居ない人が実践すべき3つの方法

1.自分に恋愛相手が居る事を否定しない

冒頭でもお伝えしましたが、「潜在意識が現実になる」という事実があります。

これは科学で説明できるものではありませんが、多くの成功者が共通して認識している事実であるため、騙されたと思って受け入れる事が大切かと思います。

さて、サブタイトルにもある通り、「自分に恋愛相手が居る事を否定しない」ということについてお話しましょう。

もしかしたら、あなたは「恋愛相手の居ない状況が当たり前」とか「自分には恋愛なんて向いてない」等と否定的な感情になっていませんか?

もし、そうであればそのような否定的な感情は意識して持たないようにしましょう。

その事が潜在意識に刷り込まれてしまい、それがそのまま現実になっている可能性があるからです。

それでは具体的にはどのような事をすれば良いのでしょう?次のセクションで説明したいと思います。

スポンサーリンク

2.理想の恋愛相手像をイメージしてノートに書く

理想の恋愛相手像をイメージする方法としては、ノートに書くという方法があります。

例えば、理想的な相手の特徴が「身長180cm以上」「自分と価値観が合う」「年収500万円以上」「自分の年齢よりもプラス5才以内」「話題が豊富」というならばこれをノートに書き連ねるのです。(例は男性の相手を想定しています)

1回だけ書くのもいいですが、できれば毎日、寝る前か朝起きたときに書くのが良いでしょう。これを繰り返して行くうちに、徐々に潜在意識に書いた内容が刷り込まれていきます。

あと、言い忘れましたが期限も付けた方がより現実になりやすくなる傾向があるようです。

ノートに書く内容の例としては、「半年以内に理想の恋人に出会う」という感じですね。

注意ポイントとしては、例に挙げたように「具体的な数字を入れて書く事」と「否定的な表現を入れない」という事に注意しましょう。

なぜ、具体的な数字を入れるのかというと、漠然とした内容ですとインパクトが薄いため、はっきりとイメージしずらくなるからです。

また、否定的な内容で書くとその内容が現実になってしまう可能性があるからです。

例えば、「お金にうるさくない人」と書いてしまうと「お金にうるさい」人が現実に現れてしまうという事です。常に肯定する表現で書くというポイントを覚えておいて下さいね!

3.今ある全ての状況に感謝しながら生きる

今、あなたはもしかしたら恋愛の相手も居なくて将来に不満を抱いているかもしれません。恋愛相手の居ない状況にイラ立ちを感じているかもしれません。

しかしながら、その状況に不平不満を言わないように心がけましょう。不平不満を言い続けると、それが潜在意識に刷り込まれてしまい更に状況が悪化してしまいます。

なので、今ある状況を素直に受け入れ感謝する事が大切です。その1つ1つの状況には何かしらの意味があり、次のステップでうまく行くための前段階の現象だからです。

まとめ

まとめますと、潜在意識は現実になりますがそれをコントロールする事は難しいです。しかし、ノートに書く事で少しづつコントロールできるようになります。

今、恋愛相手の居ない人でも、自分に恋人がいる事をイメージしながら、毎日、理想の恋人像をノートに書く事により、現実化させる事ができます。

そして、現状に不満があったとしても不平不満を言わずに現状に感謝しながら生きる様にしましょう。なぜなら、現在、起こっている事は成功のための前段階の現象だからです。

以上、「潜在意識で恋愛!相手の居ない人が実践すべき3つの方法」でした。

WRITTER:もやこう

スポンサーリンク

コメントを残す