アパートのうるさい人に苦情を言う前に!対策も書きました!

アパートでの生活で、2階や1階、隣人がうるさい経験をした人はいますか?そういった経験をした方々は、苦情を言ったことがありますか?

なかなか言いたくても言い出せないのが現実ですよね(笑)

私は現在、アパートの1階に住んでいて、2階の住人がめちゃくちゃうるさい人なんです。

その人が会社から帰ってくると、ドスンドスンと足音がしたり、わざとやっているんじゃないかと思えるくらいの大きい音がします。

しかし、本人としては無意識の行動だと思うので何とも言えませんよね。

このように私の実際に気が狂いそうになりながら悩んだ経験があったので、今回この記事を書いてみました。

本当に辛いですよね。苦情を言う前にすることを2つのポイント、苦情を言う方法を2つのポイントに分けて書いてみましたのでどうぞ参考にしていただけたら幸いです。

困った顔の女性

アパートのうるさい人に苦情を言う前に!対策も書きました!

苦情を言う前にちょっとだけした方がいいことを2つ、苦情を言う方法を2つのポイントに分けて書いてみました。最後にちょっとしたポイントについても書いてみました。

苦情を言う前にちょっとだけした方がいいこと

  • 耳栓やウォークマンをつける。
  • 引き寄せの法則を使う。

苦情を言う方法

  • 管理会社に言う。
  • 警察に言う。

ちょっとしたポイント

  • 壁ドンをするのは怒らせてしまうので逆効果。

それでは、1つ1つ詳しく書いてみたいと思います。

アパート

耳栓やウォークマンをつける!

まず、アパートのうるさい人に対して苦情を言う前に、耳栓やウォークマンをつけることをおすすめします。

とにかく音が気になってしまう場合は、自分が耳を使用しない時間帯に耳栓やウォークマンをつけると音が気にならなくなってくると思います。

しかし、突然来客が着た場合のインターホンの音が聞こえないというデメリットがありますが、宅急便は大体荷物が届く日にちは分かると思いますのでその日だけは、耳栓やウォークマンをしないと決めて行動するといいと思います。

その他の来客は、セールスだと思いますのでスルーしてしまっても大丈夫ですよね♪

1番最初にうるささを我慢するためにやってみることをおすすめします。

引き寄せの法則を使う!

2つ目は、引き寄せの法則を使うということです。

引き寄せの法則とは簡単に説明しますと、自分の身の回りに起こったことはすべて自分が引き寄せたことだという法則です。

どのように使ったかと言いますと、自分が考えていることが自分の身に自然に起きているということなのです。

ですので、自分がうるさいと感じているアパートの住人が引っ越してしまうことを頭の中で考えます。

すると、引き寄せの法則が作動し上手くいけば、うるさいと感じているアパートの住人が引っ越してくれるということです。

1つ目を試して、上手くいかなかったらこちらの2つ目を試すことをおすすめします。

ここまで、苦情を言う前にするといいと思うことを書いてみました。

引き寄せの法則を頭の中だけで考えるのが苦手で、書いた方がうまく実践できそうだという方はこちらの記事もおすすめです↓

⇒引き寄せノートの書き方 私が実践して上手く言った方法を大公開

管理会社に言う!

ここからは、苦情を言う方法について書いていきたいと思います。これは苦情を言う前にちょっとした方がいい事をして、どうにもならなかった場合におすすめの方法です。

それは、管理会社に言うということです。管理会社に言うのは少し緊張してしまうと思いますが、病んでしまいそうなくらい辛い状態ならば言ってしまった方がいいですよね。

管理会社によっては、こういうアパートトラブルに対するマニュアルがあるところもあるのできちんと対応してくれます。

しかし、こういったマニュアルのないところはきちんと対応がされない可能性もあるのでこの方法は使えません。

マニュアルがあるところは、騒音に対する苦情があったことが書かれたメモが配られます。もしくは、直接電話で注意をしてくれるところもあります。

良い管理会社に当たるかは運しだいになってしまいますが、大体はきちんとしていると思いますので、勇気をふりしぼって言ってみて下さいね。

スポンサーリンク




警察に言う!

2つ目は、警察に言うということです。いままでの方法を試してもどうにもならなかった場合にこの方法は使って下さいね。

警察に言うのは最後の手段だと思った方がいいです。色々と大変な事態だと思いますので。

警察に言うと注意をしてくれるので、うるさい住人が驚いて静かになって解決したという例があります。

しかし、警察に言っても動いてくれなかったり、注意はしてくれたのだがうるさい住人は元もとそういう性格なのであまり変化がなかった場合もあるそうです。

動いてくれる警察官に当たるかは運しだいになってしまいますが、管理会社に言うよりも警察に言った方がうるさい住人が静かになり効果は大きいようです。

警察官

壁ドンをするのは怒らせてしまうので逆効果!

最後はアパートのうるさい住人がいくらうるさくても、仕返しとして壁ドンをしてはいけないということです。

これは私の実体験なのですが、2階のアパートの住人の足音や物音があまりにうるさかったためついつい壁をドンドンと叩いてしまいました。

すると、最初は静かになりますがしばらくすると結局、また物音がし始めてしまいます。

やはりこの方法はあまり効果的とは言えないようです。あまりやりすぎると、相手を怒らせてしまい、さらにうるさくなってしまいます。

ですので、おすすめできません。こちらが何もしなければ、うるさい住人も何もしてこないので「触らぬ神に祟りなし」ということわざのように過ごすことがベストだと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?アパートのうるさい人に苦情を言う前にすることと苦情を言う方法について書いてみました。最後にまとめたいと思います。

苦情を言う前にすることはこの2つです。

  • 耳栓やウォークマンをつける。
  • 引き寄せの法則を使う。

苦情を言う方法はこちらの2つです。

  • 管理会社に言う。
  • 警察に言う。

最後にちょっとしたポイントについてこちらの記事を書きました。

  • 壁ドンをするのは怒らせてしまうので逆効果。

本当にアパートにうるさい住人がいるということはストレスが溜まってしまいますよね。

家に帰っても気が休まらない日々とはおさらばしたいですよね。

ですので、実際に行動してみて少しでも解決出来たら嬉しいですよね。頑張ってみて下さいね!

以上、「アパートのうるさい人に苦情を言う前に!対策も書きました!」でした。

WRITTER:もやみ

 

スポンサーリンク

コメントを残す